2005年度


2006年8月4日〜2006年8月6日                                        戻る



●このキャンプはこうして始まった!
 隊長のもとに一通の手紙が!
 『勇敢な者へ 私は七宮の国王、明日郎。我が七宮国の民族は、自然を愛し植物や動物を守る誇り
 高き民族である。最近、見張りの者から空の様子が怪しいという報告があったので、監視を強化
 しておったのだが、不覚にも悪の黒い魔女に とらわれてしまった。このままでは自然が壊され、
 人間が住めない地球になってしまう。何とか黒い魔女を倒し、私を助け出して欲しい。
 地球を守るのは、君達だ。秘密の七宮国の地図を見て急げ!』

 隊長のもとに届いた手紙と秘密の地図。。。
 カブ隊の特別研究班が調査した結果から隊長がくだした結論は!?
 地球温暖化やオゾン層破壊、異常気象、酸性雨、森林破壊、砂漠化、食糧危機…。私達の地球に
 今、何が起こっているのか?
 そこには黒の魔女の姿が見え隠れする。そんな時、自然を愛する「七宮国」の国王明日郎がさら
 われた!自然を愛する18団カブ隊は、国王を救い出すために七宮国に乗り込むことにした。
 みんな力を合わせて 黒の魔女を倒し、明日郎国王を救い出せ!
 なおこの任務は極秘で あり、決して他人に喋ってはならない。     成功を祈る。

 秘密の地図を頼りに、いざ七宮国へ。
 気をつけないと、黒の魔女が罠(トラップ)を仕掛けているぞ!
 班で協力してトラップを見事クリアすると、きっと国王を助ける ことが出来る。。。ハズ?!

●主なプログラム
 (P1)本当の自然を学ぶ  :プラネタリウム見学(大塔コスミックパーク星のくに)
 (P2)国王の居場所が近い  :川遊び
 (P3)黒の魔女が攻めてきた  :肝試し
 (P4)敵を追い払ったら。。。  :天体観測
 (P5)国王を探せ!  :ハイキング(実習林〜ツクバネガシ〜十坪平〜トチノ木〜シャクヤク谷  往復)
 (P6)国王、復活の儀式  :キャンプファイヤー
 (P7)祝い、そして別れ  :記念品作り(工作)

●写真で見る『七宮国』

   
 秘密の七宮国に到着、注意事項をよく聞いて!       まずは寝る場所をキープ! 「のぞくなよ〜」

   
 国王を探して出発〜、行く手をはばむ激流?!に苦戦   行く手をさえぎる滝、これも黒い魔女のワナか?

   
 待ちに待った夕食、早く食べたいよう!            朝の見回り、ご苦労さま(朝の散歩)

   
 国王の居場所がわかった、さぁ出発〜!           トチノ木に穴が。。。国王がとらわれていたようだ!

   
 もう少し早く到着していれば、国王に会えたかも。。。    近くに国王がいるかもしれないぞ〜!

   
 やっぱり川は楽しいなぁ!                    とうとう黒い魔女が現れた!

   
 黒い魔女を退治、国王復活の儀式だ!            今日は楽しく踊ろうぜ。

   
 デンマも元気にダンスタイム、Let's begin!          元気に勝利の雄たけび、ダー!

   
 七宮国に来た思い出をプレートに                最後もやっぱり川で。冷たくて気持ちいい〜。

   
 野外で食べる肉は美味しい〜、さぁ並んで並んで!     最後は全員で記念撮影、「1+1=」 「ニー(笑顔)」 

●見事、ぼくらの自然を取り戻した!
 黒い魔女が仕掛けたワナは全部で7つもあった。
 自然を愛するカブ隊の隊員は、みんなで協力してワナに立ち向かい、誰一人脱落することなく見事に黒い魔女を
 倒す事ができた。
 そして最後には国王「明日郎」を助け出し、伝説の復活祭で楽しい一時を過ごす事が出来た。
 ここでの経験で、自然の素晴らしさと重要性を改めて認識できたと思う。
 この一年成長した隊員を頼もしく思い、そして来年度の活動に益々活躍してくれる事を願って終わりとします。

戻る